フォネティックコード

【スポンサード リンク】

フォネティックコード。

ほんの少しは役に立つ(おっ?)ミリタリー知識。今日は軽めにフォネティックコードです。

戦争映画を見たことがある人は思い当たるかもしれません、あるふぁーわんより○○へ、とかぶらぼー中隊、とか。
いわゆるミリタリーな無線でしょっちゅう出てくるこの「アルファー」「ブラボー」。これ何のことでしょう?

これがフォネティックコードです。

航空救難団。

写真はテキストの内容とあんまり関係ありません。

なんのことはない、雑音の混ざる無線では(日本人じゃなくても)LとMとNなど、聞き取りにくい・間違えやすいアルファベットがあります。これを誤りなく伝えるようにしたものです。ざっと並べると

アルファベット

  • A:あるふぁー
  • B:ぶらぼー
  • C:ちゃーりー
  • D:でるた
  • E:えこー
  • F:ふぉっくすとろっと
  • G:ごるふ
  • H:ほてる
  • I:いんでぃあ
  • J:じゅりえっと
  • K:きろ
  • L:りま
  • M:まいく
  • N:のべんばー
  • O:おすかー
  • P:ぱぱ
  • Q:けべっく
  • R:ろめお
  • S:しえら
  • T:たんご
  • U:ゆにほーむ
  • V:べくた
  • W:ういすきー
  • X:えくすれい
  • Y:やんきー
  • Z:ずるー

 

【スポンサードリンク】

数字

  • 1:わん
  • 2:つー
  • 3:つりー
  • 4:ふぉー
  • 5:ふぁいふ
  • 6:しくす
  • 7:せぶん
  • 8:えいと
  • 9:ないなー
  • 0:ぜろ

 

てな感じです。アルファーワン、と言ったらAチームのリーダー、ってことになりますしブラボー中隊といったらB中隊ってことです。帝国の逆襲に出てきたエコーベース、あれば単なるE基地ってことです(5番目の基地、ではなく、ホントは1つしかないんだけど帝国軍を欺瞞するためにEなんてつけちゃってるんじゃないかと個人的には思っている)。

なんとなくカッコいいですよね。「10時に5C会議室へ集合」、なんて「ひとまるまるまるにふぁいふ-ちゃーりーへじょいなっぷ」とか言ったら盛り上がりますよね。嘘です。ごめんなさい。

ちなみにいんでぃあ-ぶらぼー-まいくの方は、Aをあめりか、Bをぶりてぃっしゅ、Cをちゃいなって読んでました。

以上、やっぱりあまり役に立ちそうもないミリタリー知識でした。

【スポンサードリンク】

2 Responses to “フォネティックコード”

  1. しげ より:

    古い記事にコメント、申し訳ありません。

    アメリカのA,チャイナのCといった地名や人名中心の通話表は、組織によりさまざまでしたがほんの10数年前くらいまで電電公社や警察等では地名中心のものが使われていました。(当時は「英文」通話表と呼んでいたような)
    現在は無線運用規則に定められたものに統一されていますが、これは航空・航海に関する条約に合わせていったという面もあります。

    ちなみに無線運用規則では「2」を「数字のに」と呼びますので、「ふた」と呼ぶ癖の付いている陸上・海上のしえらでるたふぉっくすとろっとの人たちは試験落ちまくります。

    • yakumili より:

      しげさん

      コメントありがとうございます!貴重な追加トリビアに感謝申し上げます。古い記事にでも構いません(笑)、これからもよろしくお願いいたします。

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

アクセス

  • このページのトータル訪問数:0
  • 今日の訪問数:24
  • トータル訪問数:1795
  • オンラインユーザー数:0

このページの先頭へ